2011-02

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

My Funny Valentine

きょうは「バレンタインディ」ですね。
もちろん、私には縁が遠く、デスクで仕事中です^^;

今でも、チョコレートをはじめプレゼントを贈ったり、イベント、旅行など、
記念的な企画を立てたりと、いろいろ習慣が定着してますが、

音楽・・ジャズの世界では、超ベタながら「My Funny Valentine」がお馴染みです。
マイナー調でしっとりしたバラードとして好まれてきた名曲ですよね。

私はヴォーカルには詳しくはないのですが、
チェット・ベイカーぐらいはわかります(笑)
インスト物では、マイルス(ディビス)とビル・エヴァンズ&ジム・ホールが
すぐに思い出されます。
どれでも名盤中の名盤に収まっている演奏なので、これからジャズを入門される方にも
お薦めです。

え?ヴォーカルとして名曲だからもっと歌詞の意味を詳しく知りたい?

・・わかりました。

♪ジャズ大全第20巻


をお読みください^^v

全20巻揃っており、「トータルで800曲以上ものジャズ・スタンダードの曲と歌詞の意味を詳細に
解説した国内唯一のシリーズ」です。(自信^^)

多忙なスケジュールで大活躍中のジャズ・ピアニスト、村尾陸男さん著になります。
この情報量は本当に凄いです。

ついスタンダードを演奏するとなると、ぶ厚い譜面集を広げて、音符だけ追いかけて・・・みたいに
なりがちですが、ヴォーカリストのみならず、スタンダードの歌詞の意味を知ることは、必ず演奏に
も良い効果をもたらすことでしょう。

どうか1巻ずつ揃えて、時間をかけながらじっくりとお読みください^^

記:I
スポンサーサイト

テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

«  | ホーム |  »

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (20)
書籍 (16)
楽譜 (43)
ホルモン療法 (5)
新アダムスキー全集 (2)
飲水法&良い油 (6)
楽器 (0)
CD (1)
イベント (9)

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

FC2カウンター

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。