FC2ブログ

2011-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マヤのリズム:6/8発売!

マヤのリズム ~時は神なり~

maya_rythm_obi.jpg

お待たせいたしました!
小原大典氏によるマヤ暦解説書(?)、ついに発刊です!

カバーデザインは人気の“絵師”みよこみよこさん。
チチェン・イツアのピラミッドに、七色の模様をしたククルカン(ケツアルコアトル)が目印です!

--------------------------------------------------------------
第1部 マヤ暦を知る
【第1章/2012年はどのように特定されたのか】
【第2章/神話と予言と世界の終わり】
【第3章/2012年を広めたのは誰か】
【第4章/マヤ暦の成り立ち】
【第5章/日本のマヤ暦事情】

第2部 マヤ時間を生きる
【第6章/リズムに乗る方法】
【第7章/時空のサーフィン体験】
【第8章/2012年の先へ・・・既にある未来の形】
【第9章/変化の機会を活かすために】

付録:KIN早見表、キチェ・マヤ・ツォルキンへの変換表
--------------------------------------------------------------


長期暦(長周期)の終わりが2012年(もしくは2011年)に来るという事で、精神世界ほか、様々な分野の方々が、様々な「予測」を行っています。
その中には、歴史学としての「分析や解析」、思想や哲学としての「願望」、占い的観点からの「予知・予想」、そのほか10数年前に流行った世紀末論、文明崩壊論を繰り返しているものなど、様々な情報が入り乱れています。

特に、センセーショナルな文言に惑わされ易い心理を突いて、危機的状況を徒に煽っているものも中にはあります。

本書は、ホゼ&ロイディーン・アグエイアス夫妻による「13の月の暦」の運動に深く関わり、歴史学としての「マヤ暦」を日本でのマヤ暦研究の第一人者・八杉佳穂教授に教えを受け、新たな立場からマヤ暦を解析し、未来を独自の視点から洞察する「コールマン・マトリックス」提唱者、カール・コールマン氏とも、「マヤ暦が終わるのは2011年10月28日だった!」の監修を引き受けた、まさにマヤ暦のエキスパート(事情通)・小原大典氏が常々考えていた、「マヤ暦の本質」を見据えた入門・解説書にして、実践書です。

内容は上記、目次の通りです。
センセーショナルなアオリ文句は使いません。

マヤ暦は2012年で終わっていない
運命に従う人から、運命を創る人へ

この言葉ほど、本書の内容を端的に伝えているものは無いと思います。
本書の構成はまさに

<第1部>マヤ暦を知る → マヤ暦は2012年で終わっていない
<第2部>マヤ時間を生きる → 運命に従う人から、運命を創る人へ

の通りになっているのです。

日々の繰り返しに不安を感じたりしていませんか?
自分は、軽いうつになったときに、そういう事を感じたりします。

そんな中で、新たな生活(生きる)リズムを、自分で創っていくために、本著はより前向きな姿勢で、「時間の波に乗っていく、時流に流されない」主体的な生き方をするための本でもあります。

おすすめです!
マヤに興味のある方は勿論、前向きに生きていきたいと思う全ての方へ!



小原大典氏の【シンクロニック・ダイアリー】
http://happykulika.blog91.fc2.com/blog-entry-476.html

記:編集A
スポンサーサイト

テーマ:オススメの本 - ジャンル:本・雑誌

«  | ホーム |  »

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (20)
書籍 (16)
楽譜 (43)
ホルモン療法 (5)
新アダムスキー全集 (2)
飲水法&良い油 (6)
楽器 (0)
CD (1)
イベント (9)

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

FC2カウンター

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。