FC2ブログ

2018-10

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コピーのコツ

おはようございます。編集部のIです。

先日の「ジャズギター・ジャイアンツ・コレクション」、発売開始となりました^^
楽器屋さん、ネットショップさんでお求めになれます。書店さんでもご注文いただければ確実にお求めになれますのでよろしくお願いいたします。

さて、演奏のコピーのやりやすさ、ということを今朝も考えていたのですが、皆さんはどうされていますか?
おおざっぱに言えば、ジャズの場合、多くが1コーラス、計32小節のAABAやABABという構成になってますよね。

「オリジナルの演奏を耳で聴いて、それを記憶して楽器で弾いてみる・・・」とはいっても、それだけでは??ですよね。そこで、順序立ててやってみるわけですが、

・テーマ、ソロと分ける。
・4~8小節とか、メロディーやフレーズの区切りを見つけてその箇所を繰り返しやってみる。

こうすると覚えやすいですよね。楽器でいきなり弾くのも良いですが、自分で「歌ってみる」。こうするとさらに頭に入ってくると思います。
これを何度も繰り返して、次に進んで・・・そして1曲覚えたら最初から通してやってみる・・。

音譜や楽器が不慣れな方は、オリジナル演奏といきなりおなじテンポでやらず、ゆっくり自分で追えるテンポでやってみる・・。

大雑把ですが、以上のようなことが言えると思います。
合わせて、日頃からエチュードなどに取り組んでおくと、いろいろな音譜の並びが出てきてもスムーズに楽器を操ることができるようになりますから、とても有効です。

私も勉強中ですが、エチュードや練習フレーズなど、ピアノ、ギター、管楽器など共通するところもあれば、それぞれの楽器にあったパターンというのも必ずあるものと思っています。
今後は、そんな楽器別パターン集のことなんかも考えていきたいです^^

記:I

«  | ホーム |  »

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (20)
書籍 (16)
楽譜 (43)
ホルモン療法 (5)
新アダムスキー全集 (2)
飲水法&良い油 (6)
楽器 (0)
CD (1)
イベント (9)

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

FC2カウンター

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。