FC2ブログ

2018-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビ・バップよ永遠なれ

先日、吉野ミユキさんの楽譜を紹介しましたが、アルトに限らず全てのジャズ・サックスを
志す人たちが通過しなければならないのが、チャーリー・パーカーです。

1940年代、ディジー・ガレスピーなどとともにビ・バップを確立させ、現代ジャズサックスの
プレイスタイルのほとんどを築いたのが彼です。若き日のマイルス・ディビスもジョン・コル
トレーンも元々はパーカーの門下であることからもいかに影響力を持っていた人かがわります。

当社刊行の「決定版、ヴァーチュオーゾのアドリブに学ぶ」
JAZZ MASTER SERIES CHARLIE PARKER 【完コピ】
     8016.jpg

で練習をしましょう!
収録曲は、

Anthropology
Au Privave
Billie's Bounce
Confirmation
Donna Lee
Hot House
Moose The Mooche
Now's The Time
Scrapple From The Apple
Yardbird Suite

パーカーの名曲は他にも数多くありますが、まずはこれらの曲だけこなせれば充分。
コンファーメーション、ナウズ・ザ・タイム、ドナ・リーは毎晩必ずどこかのジャム・セッション
で演奏されている定番中の定番。(私も時折テナーでやります^^)
その他の曲もマスターすればセッション、ライブ等どのような場面でも目立つことでしょう。
アルト用なのでもちろん譜面はIn Ebですが、パーカーの曲はテナーの方にもお薦めいたします。
(Bbの移調だけはお願いしますね^^;)

こうしたコピー集で練習される際は、かならず演奏曲のCDを手に入れてくり返しに何度もよ~く
聴いて、なるべく耳で音が追えるところは自分で覚えてわからないところを譜面に頼る・・・みたい
にしていくと覚えやすいとおもいます。あとは、決して最初からパーカーと同じテンポでやらないこと・・。
まずはあせらずゆっくりでいいのです。
(そうですね~、私だったらメトロームで四分音符=120からやります・・)
かわりに「音色や一定のリズムに気をつけながら時間をかけて」じっくりと取り組んでみてください。
「サックスは音とリズムが命」なのですから^^

記:I

テーマ:ジャズサックス - ジャンル:本・雑誌

«  | ホーム |  »

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (20)
書籍 (16)
楽譜 (43)
ホルモン療法 (5)
新アダムスキー全集 (2)
飲水法&良い油 (6)
楽器 (0)
CD (1)
イベント (9)

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

FC2カウンター

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。