FC2ブログ

2018-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

医者も知らない酵素の力

酵素……そういえば酵素っていった何なのでしょうか?
自分が思いつくものと言えば、某酵素パワーな洗剤とか、あとはサプリメントの酵素でしょうか。ビール酵母のエビオス錠とかは酵素に入るのかな?
そういえば、「コエンザイムQ-10」を含む商品が少し前にブームになっていましたが、エンザイム(enzyme)は『酵素』、コエンザイム(coenzyme)は『補酵素』という意味です。なので、コエンザイムQ-10は『補酵素Q-10』という意味になります。

しかし、あくまで酵素は、体内で消化や代謝活動の手助けをするもの、それ自体が高度な栄養価をもっているわけではありません。つまり、栄養を多く摂るには、栄養価の高い食品を食べなければ、酵素の手助けがあったとしても意味がないという事になります。
もちろん、体内で行われる様々な化学変化には、すべて酵素が使われていますから、体内の酵素が十全に働く環境を整えるのも、健康な身体を維持するのに必要な事です。

医者も知らない酵素の力

さて、本書では『食物酵素』という言葉が出てきます。「酵素って食物に入っているんじゃないの?」という疑問は当然です。そもそも食物酵素とは何なのでしょうか?

例え話を挙げてみましょう。
魚の「サバ」は非常に腐りやすい魚だという事はご存じでしょう。これはサバの体内にある酵素の働きが非常に強いため、死後【自分の身体を酵素が分解する】作用が強力に働くためなのです。それは『自己消化』作用であり、言い方を変えれば『腐敗が進みやすい』という意味なのです。
人間の体内にはあらゆる酵素が働いており、生命活動を維持しています。これらをまとめて『体内酵素』と呼びます。体内酵素を簡単に分けてみると、消化器官から分泌される『消化酵素』、血液中や肝臓に多く存在する『代謝酵素』等に分けられると思います。

しかし現在、体内の酵素だけでは分解・消化できない事態に陥ってしまっています。そこで必要になるのが『食物酵素』なのですが、加熱された食物を多用しているために、食物酵素の摂取量がどんどん少なくなって、消化酵素等の体内酵素を作り出す【内分泌系】が疲労し、徐々に大きなダメージとなってきているのです。

本書では、酵素の重要性から始まり、その働き、食習慣と酵素の関係等から、多くの疾患を生み出す「酵素不足」をどの様に補い、健康を取り戻すための方法を述べています。
是非健康を取り戻す、維持していくためのキーワード『食物酵素』を、あなたのライフサイクルに取り入れてください!

«  | ホーム |  »

リンク

このブログをリンクに追加する

カテゴリ

未分類 (20)
書籍 (16)
楽譜 (43)
ホルモン療法 (5)
新アダムスキー全集 (2)
飲水法&良い油 (6)
楽器 (0)
CD (1)
イベント (9)

最新記事

検索フォーム

月別アーカイブ

FC2カウンター

QRコード

QRコード

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。